石油ストーブ

FF式ストーブ

更新日:

corona-ff-ag6816h

FF式ストーブとは

FFとは「Forced Draft Balanced Flue」の略字で、煙突によって外から燃焼に必要な空気を吸い込み、燃焼後の排気ガスを外へと出すトーブのことです。バリエーションも輻射タイプ、温風タイプ、床暖房付タイプなど豊富で、ご希望の使い方に合ったストーブを選ぶことが出来ます。

FF式ストーブのおすすめポイント

1番のおすすめポイントはお部屋の空気が汚れず、換気する必要が無いことです。小さいお子さんがいらっしゃる方にとっては嬉しいですよね。また、排気ガスには水蒸気が多く含まれており、その排気ガスを外へ出すことによってお部屋の結露やカビの防止にもなるのもポイントです。最近、アパート・マンションでFF式ストーブしか使用出来ない所が増えてきているのも結露、カビ防止の為です。

次は暖房能力の高さです。寒さが厳しい北国では間違いなくFF式ストーブがおすすめです。言い換えればFF式ストーブでなければ、寒さはしのげないと言ったほうが良いのかもしれません。さらにFF式ストーブは他の煙突式ストーブと違って風に強く、強風が吹き荒れる中でも安定して燃焼するといった利点もあります。

最後のポイントとして、温風タイプ、輻射タイプ、床暖房付タイプなどのバリエーションの多さではないでしょうか。希望する温め方、使い方によって色々なストーブの中からお気に入りのストーブを選ぶことが出来ます。

お手入れの仕方

毎年とは言いませんが、3~4年に1回は分解掃除されることをお勧めします。内部にたまったホコリや、燃焼カスの掃除、そして各部品の劣化をチェックすることによって快適、安全、安心にストーブを使うことが出来ます。

寒い中、ストーブが突然故障した!なんてことになると本当に大変です。修理を頼んでもすぐに来てくれるとは限らないですし、何よりも事故がおきてからじゃ遅いですからね。

注意点

設置するときの注意

煙突は室内では吸気用と排気用の2本が必要ですが、壁の貫通部で吸気と排気が一緒になった吸排気筒という部材に接続されるので、壁への穴空けは1箇所になります。また、灯油のカートリッジタンクが内蔵されていないタイプが多く、そのストーブを使用する場合は室外もしくは室内タンクが必要になります。

使用上の注意

本来、外へと出るはずの排気ガスが、部品の劣化や煙突の外れによって室内に出る場合があります。臭いや目がチカチカするなどの症状がある場合は、最悪の場合には一酸化中毒になる場合があるので、すぐに使用を止めて点検を受けるようにしてください。

おすすめFFストーブはこちら

コロナ アグレシオ

数あるFFストーブの中でも一番のおすすめはコロナのアグレシオです。輻射タイプのストーブで床暖無しになります。木造で18畳、鉄筋コンクリートで28畳まで対応していながら、壁から27cmしか出ない薄型設計で性能面でもデザイン性でもスキのないストーブになります。

オススメのポイント

まずはこの外観です。他メーカーにはないスタイリッシュなデザインで、高さと幅が1:√2の白銀比と呼ばれる、古くから続く日本建築のモジュールのひとつとして使われてきた比率だそうです。操作部などのスイッチの配置もスッキリかつ使いやすくなっています。

そして何よりもアグレシオで搭載されているアグレシオバーナーのタフさです。従来のストーブはどうしても燃焼部分が使っていると摩耗・劣化してしまい故障の原因となってしまいます。しかし、このアグレシオバーナーはコロナが石油ボイラーで培った技術で開発されたもので故障の発生率の低さ、耐用年数が他製品と比べて段違いです

トータルで考えて下さい!

アグレシオはコロナのストーブではフラグシップモデルということもあり、お値段は少々高いですがメンテナンスを含めた長い目でみるとその価値は十分にあります。石油ストーブでは必ず必要となる分解掃除の頻度も少なく、故障の発生率も圧倒的に低いのです。

安くてもメンテナンスにお金がかかり、結局は高いストーブになるよりは始めからアグレシオを選んだほうが断然にいいですよね!

コロナ アグレシオ FF-AG6818H-W

created by Rinker

-石油ストーブ

Copyright© ストーブ屋が教える快適暖房生活 , 2019 All Rights Reserved.